マンガでQと発音、リアルな英語表現24連発!

登場人物:

カテゴリ:日常 英語

と、言うわけで…

やって来ました第二弾!Qの一言英会話〜!

今日は前回のボリュームアップ版として、今まで投稿してきたマンガから「この文章面白そうだからちょっと発音してみろよ」と完全独断と偏見で選んだ一言英会話をすべてQに発音してみてもらいました!

この発音をカナダで誰にも教わらず会得したんだから、なんだかんだすげー奴だなと思いますわ〜。

それでは、早速行ってみましょう!マンガを見ながら発音してみると、ちょっと雰囲気つかめるかもしれませんね〜!

(ちなみに、ちょっと鼻詰まってます…)

What’s Up From Q

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114950585" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

カタカナ読みについて
※カタカナはそのままストレートに発音してみてください
※ひらがなはカタカナに比べ、若干やわらかく読んでください
※半角文字は、普通の半分の時間で発音してください

 

バンクーバーな僕ら - Why didn't I think of doing this until now?

Why didn’t I think of doing this until now? = なんで今までやろうと思わへんかったんやろ?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114939321" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

think of doing this が「やろうと思いつく」、until now が「今まで」という意味なので、ここをいじくれば、意味を変えて応用できます。例えば「Why didn’t I make a turn at that intersection!? = なんでオレはあっこの交差点で曲がらんかったんや!?」みたいな。
カタカタ読みは「ワィ ディデンナイ ティンコヴ ドゥぃんディス アンティぅナゥ?」

 

バンクーバーオリンピック撮影時の出来事

We can still catch up! = まだ追いつけるよ!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114939540" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

catch upで「追いつく」という意味になります。この追いつく、は物理的にだけではなくて、時間的にや、感覚・精神的なことでも同じように言うことができます。
カタカタ読みは「ウィキャン スティぅ キャッチャップ」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーからサスカチュワンに向かうQの出来事

Is this the right bus? =このバスで合ってるの?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114939893" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

正しいバスが「right bus」となります。文章の後に「to get 場所」をつければ、「〜に行くための」と言うことも可。マンガ本編で言えば「Is this the right bus to get Saskatoon? = サスカトゥーンに行くにはこのバスで合ってるの?」という感じ。
カタカナ読みは「イズディス ダぅらイッバス?」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーとサンフランシスコ間をスカイプで話した時の出来事

Is this guy for real!? =こいつ、マジかよ…

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114939923" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

たまに「マジで!?」は英語で何ていうか聞かれるのですが、個人的にはこの「For real!?」が一番しっくり来てます。こいつマジで!?なので、そのまま文章にしちゃいましょう。
カタカナ読みは「イズディスガイフォぅりおぅ!?」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーからバスでこんなかかるんかい!

I was half dead alright. =あー、死にかけもええとこやったよ。

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114939960" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

half + 何かで「〜しかけ、半ば」といったような意味にできます。「half asleep = 半分寝かけ」「half way done = 半分くらいは終わってる」などです。また、最後のalrightで「〜確かに、〜もいいところ」見たいに意味が強められます。「Oh I was a star player alright = いやぁ、オレはスター選手もいいとこだったからね」みたいな。
カタカナ読みは「アィワズハーフデッデ アーぃ」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーからサスカチュワンに帰ったQが先生とかに再開した時の出来事

It’s been forever! =ひっさしぶり!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114939991" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

日本で良く習う久しぶりのお決まり文句は「long time no see=長い間見ていない」ですが、こちらでは「It has (It’s) been forever! = あれからどれほどの月日が経ったか」という言い方をすることの方が多いです。foreverは永遠、つまり”長い間”をちょっと大げさに言ってるので「It’s been a while = しばらくぶり」の方がもっと自然かな。
カタカナ読みは「ッツビィンフォエヴァぁ」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでQが聞いたちょっと良い話

I wish I could say that as well. =オレもそう言えたらええねんけどな。

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940060" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

文法用語で言うと仮定法?もはや決まり文句的な感じかな。マンガでは「楽園に住んでる気分よ」に対して「自分もそう言えたらいいな」と言う意味で使われています。そう言えたらいいな、ってことはつまり、現状そうじゃないってことなので、相手が羨ましかったり、事実をひっくり返した返答の仕方になるんですね。あ、最後の as well は「also」の様な意味です。
カタカナ読みは「ァウィッシュアイクッデセイダッァズウェぅ」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーオリンピックを撮影するシューゴに起きた出来事

Stop right there! =ちょっと待て!(そこで止まれ!)

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940094" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

ストップ!に「right there = 今いるまさにそこで」をくっつけて、より緊迫感が伝わるかたちに。こういう right には、その後に来る言葉の意味を強調する力があります。「right now = まさに今」みたいな。こんな風に誰かに言われたら、素直に従って止まりましょうね。
カタカナ読みは「スタップぅライッでぁ!」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでお酒を買う時に年齢聞かれたQの出来事

How old do I look like? =何歳くらいに見える?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940125" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

そのままですが、北米ではアジア人は若く見られることが多いので、個人的には比較的よく言うフレーズですね。lookには能動的に「見る」意味以外に、他からそういう風に「見える」、調べる、など、”見る”という行為を色んな角度から捉えた沢山の意味がありますね。
カタカナ読みは「ハゥオォぅドゥアぃルックライッ?」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでゲイにナンパされたQの出来事

Would you like to have a coffee with me? =一緒にコーヒー飲みませんか?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940183" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

デートに誘う/誘われる時の決まり文句の一つ!coffeeは普通数えられない名詞になると思うんですが、口語ではもはやコーヒーを機会や概念の部類と捉えているので、a coffeeみたいに言ってる、と誰かに聞いたことがあります。ちなみにcoffee を dinner に変えるとお食事のお誘いに。英語の練習を口実に、誰かを誘ってみては…
カタカナ読みは「ぅジュぅラィクトゥはヴァカフィウィデミィ?」

マンガ本編はこちら

 

カナダって沢山の歌手やバンドが排出されてる街

Have you ever heard of a band called “Hedley”? =”Hedley”っていうバンド聞いたことある?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940207" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

〜どこかで聞いたことがある?聞き覚えはない?という時の決まり文句が「Have you ever heard of〜」ですね。everが”今につながる時間の全て”みたいな意味です。ofの後をいじると、いろんな応用も可能。「Have you ever heard of a cafe called “Beyond Cafe”? = ビヨンドカフェ、っていうカフェのこと知ってる?」みたいな感じ。
カタカナ読みは「ハヴやぁエヴァハァドヴぁバンデコールデ”ヘドリー”?」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでパーティーに参加したQの出来事

Brace yourself!!!=覚悟はいいか!!!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940236" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

これもほぼ決まり文句。誰かに言われたら、その後何かが起きます。Braceは元々「固定する」みたいな意味なので、つまり「次来る衝撃に耐えられるように、自分で自分を固定しな!」って感じの一言なんですね。
カタカナ読みは「ブレぃシュぁセぅフ!」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバー空港のスタバでの出来事

It’s coffee time! =コーヒーの時間ですよ〜♪

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940294" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

これは、一般の決まり文句というより、Qの決まりセリフですね。ごめんなさい、何の説明もいらず、そのまんまです。
カタカナ読みは「ッツカフィタィム!」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーに帰る前日の出来事

Let’s see how it goes… =さぁ、どうなるかねぇ。

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940326" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

itは今話題になっている事柄を指していますね。こういう言い方をすることでつまり「ことの成り行きを静観しようかね… → さぁ、どうなるでしょうねぇ」という感じの意味になります。マンガでは、次帰ってくる時期が定まらないから、どうなるかちょっと様子をみましょうかね、というニュアンスになってますね。
カタカナ読みは「レッツスィーハゥイッゴーズ…」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでカナダ人の友達と居酒屋に着た時の出来事

Would you pick good ones for me? =いいやつを選んでくれる?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940356" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

Would you + 〜 for me? で「〜してもらってもいい?」という言い方になります。この場合「good ones = いいやつ」を「pick = 選んで」欲しい、ということですね。oneという言葉は、人やものの身代わりというか代名詞として使うことも多いです。例えば「You are the one to do it = あなたがやるべきその人なんだよ」「Oh I need one, too = あ、私もそれ必要」みたいな。
カタカナ読みは「ぅジュぅピックグッワンズフォミィ?」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでセナがQから受け取ったテキストメッセージの事

See me at McDonald’s around 8-ish? =大体8時頃に、マクドで待ち合わせな?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940435" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

時間や距離など、何かを感覚的に言う言い方って、そりゃもう英語の感覚がつかめないうちは凄く迷うところですよね。「around = 大体、(対象になるものの)周辺や前後」と言う意味があり、ishは、くっつけたものに「〜風、〜感のある」という意味を付加します。なので「around 8-ish = 大体8時頃」となるわけです。
カタカナ読みは「スィーミーアッマックダナゥズ ァラウンデエィティッシュ?」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーでセナが美味いって言った時の出来事

They look delicious! =うまそー!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940489" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

先程も出た、 look を「見える」という使い方をしたフレーズですね。彼女が作ってくれた料理に一言!覚えておいて損はないでしょう。
カタカナ読みは「ディルックデリシャス!」

マンガ本編はこちら

 

bokura13_eps023

Please give me something cool! =何かいいもんチョーダイ!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940515" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

おねだりの一言!「something cool = 何かカッコいいもの」ですが、cool を別のものに変えると他にも応用できます。「something sweet = 何か甘いもの」「something interesting = 何か面白いもの」など。
カタカナ読みは「プリーズギッミィサムティンク−ぅ!」

マンガ本編はこちら

 

バンクーバーで忍者コースに通うカナダ人に会った時の出来事

I was taking a NINJA course! =忍者のコースを取っていたんだよ!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940565" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

コースというのは、北米では大学の一連のコースのことを指す場合が多いですね。takeにはかなり沢山の意味がありますが、何か「学ぶ機会が含まれるもの」がtakeの後に来ると「受講、クラスを取る」という意味になります。yoga lessons とか French classes とか、色々言えますね。
カタカナ読みは「ァイワズテイキンナ ニンジャコォース!」

マンガ本編はこちら

 

bokura13_eps13

I’m gonna eat till I die today! =今日は死ぬまで食うぜ!

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940591" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

文字通りの一言ですね。よく gonna や wanna などの表記を見かけると思いますが、これはそれぞれ「gonna = going to」「wanna = want to」と、発音を表記に還元した書き方です。正しい書き方も合わせて覚えておきましょう。あーおなか減った…
カタカナ読みは「ァムガナイィティぅアィダィトデイ!」

マンガ本編はこちら

 

bokura_eps63

I don’t know what you are talking about. =何言うてはるか全然わかりまへんなぁ。

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940624" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

しらを切ったり、とぼけるときの常套きまり文句ですね。「what you are talking about = 君が話している何か」という部分をいじると、ちょっと気の利いたことも言えちゃいます。「I don’t know what you are implying = お前が何を言わんとしているかわからん」「I don’t know why you said it that way = なんで君があんな言い方したかわからないな」みたいな。
カタカナ読みは「アィドンのぅワッチュゥアァトォキンナバゥテ」

マンガ本編はこちら

 

bokura_eps43

By the way, do you have SHARIN-GAN?=ところで、あなた「写輪眼」持ってる?

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940721" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

よく聞く英語のフレーズであろう「by the way」は直訳で「脇道にそれて」という意味ですので「本筋からそれて、ところで」という言い方になるんですね。もしイキナリこんな風に聞かれたら、もしやう◯は一族の生き残りとして狙われている…!?
カタカナ読みは「バィダウェイ、ドゥやぁハヴ シャリンガン?」

マンガ本編はこちら

 

bokura_eps33_AprilFool

Please stop crying for God’s sake… =頼むから泣き止んでくれよ…

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/114940798" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]

please stop crying の部分はわかると思うのですが、問題はその後の「for God’s sake」ですよね。これは「頼むから、お願いだから」という英語のフレーズです。文字通り「for God’s sake = 神様の為に」ですがつまりこれは「(信仰の対象である)神様の為なんだから、〜できるだろう」と言うような言い回しなのです。
カタカナ読み「プリーズスタップクラインフォぉゴッズセぃク」

マンガ本編はこちら

 

リクエストにお応えして追加(笑)

bokura_eps13

You cold raw fish without rice…=この刺身野郎!(Wicked Japanese ver.)

[soundcloud url="https://api.soundcloud.com/tracks/115665816" width="100%" height="166" iframe="true" /]

バン僕ではもはやお馴染み、まなさんがバンクーバーの本屋で遭遇した日本語学習本「Wicked Japanese」の中の迷言といえばこれ。

刺身という言葉や概念ではなく、刺身の構造(握り寿司 ー ご飯 = 冷えた生魚の切り身、つまり刺身)を説明するという斬新な手法で、意味はもはや不明&説明不可能。前から思ってたけど、このフレーズが一番”刺身野郎”やんな…

カタカナ読みは「ゆぅコぉぅデぅオぅフィッシュ ウィダぅテぅラィす」

マンガ本編はこちら

 

bokura_eps13

You sashimi bastard! =この刺身野郎!(Q ver.)

[soundcloud url="https://api.soundcloud.com/tracks/115665821" width="100%" height="166" iframe="true" /]

Wicked Japanese の「この刺身野郎!」をQ的に再訳!日本語の 刺身+野郎 の、”プリンに醤油”的な、なんとも言えない雰囲気はこちらの方がかもし出せているはず!意味は同じく不明&説明不可能…てか、頼まれてもできねぇ。

これで英語で「刺身野郎!」と言える!みんなで流行らせよう!

カタカナ読みは「ゆぅサシぃミィバスたぁデ」

マンガ本編はこちら

留学相談会 in 東京

Q

この4コマ漫画の作者。高校時代カナダへ留学した事をキッカケにカナダの魅力にハマる。セナの英語の先生であり、2014年にはこの漫画をモチーフにした『バンクーバー発! 4コマ漫画で体感するから身につく ほんとに使えるリアルな英語フレーズ』を日本で出版。現在はユーヤの経営する留学エージェントにてカウンセラーとしても活動中。

Qの書籍 Qに留学相談
comments powered by Disqus